自己破産・法人破産・会社整理の相談は静岡で30年の歴史を持つ弁護法人鷹匠法律事務所へ(静岡県弁護士会所属)

静岡の弁護士による自己破産無料相談

0120-331-348

自己破産のデメリット

自己破産にはマイナスなイメージや間違った認識が先行していますが、ほとんどの場合、破産で失うものは、さして多くはありません。むしろ生活の立て直しができる分、将来の生活にとっては多大なメリットになります。自己破産に伴うデメリットはあまりありませんが、デメリットだと思われることについて、簡単にですがお伝えします。
 

自己破産によるデメリット

①官報に記載される

官報は、政府発行の情報紙で、その中に破産した人の情報が記載されます
・手続きをした裁判所
・手続きをした日時
・破産者の名前
・破産者の住所
官報は、通常の場合、一般人が購読することは少なく、一般の人の目にとまることはほとんどありません。しかし、ヤミ金業者などはこの官報をチェックし、DMなどを送付してきます。一度、自己破産をしてしまうと7年間は自己破産は可能ですが、免責を得ることはできませんし、又、サラ金等からお金を借りることができません。ヤミ金にとっては、破産者が絶好の客になり、DM等で借金を勧誘するのです。放っておけば、いずれDMもこなくなりますので、甘い言葉にだまされないようにしましょう。
 
また、本籍地の市町村役場に、裁判所から破産手続きの決定が通知され、これにより本籍地の市町村役場が発行する身分証明書にも、破産した旨の情報が記載されます。(しかし、住民票や戸籍謄本には、破産したことは一切載りませんし、選挙権などの公民権を失うこともありません)
 
免責され復権することで、身分証明書からも破産者である旨が削除されます。また、身分証明書は第三者が取得することはできませんし、情報が掲載されるのは破産手続の期間中であり、免責決定が確定されれば削除されますので、ほとんど心配することはありません
 

②ブラックリストに載る

ブラックリストとは、信用情報機関の事故情報の事を指します。ここに掲載されると5年から7年の間は、サラ金、クレジット会社、銀行からの借入ができなくなったり、クレジットカードを使用することもできなくなります5年から7年が経過しますと、原則的に登録された情報が削除されますので、再度、クレジットカードを申込めたり、キャッシング利用が出来るようになります
 

③職業や資格の停止

破産をすると職業の欠格事由や資格停止があります。会社の役員や士業(例 弁護士、司法書士、行政書士、税理士など)、第三者の財産に関与する仕事(例、保険勧誘、証券会社外務員、質屋など)、また職業とはいえませんが、保証人や後見人等にもなることができません。しかし、これらの制限は免責決定が確定すれば復権いたします。あくまでも、免責を得るまでの期間中の制限ですので、あまり心配することはないと思います。
 

④保証人に請求がいく場合がある

自己破産によって免責が許可されても、借金の返済義務から解放されるのは申立てをした債務者本人のみです。つまり保証人は免責されません。そのため、保証人がついている借金に関しては保証人に請求がいくことになります。保証人がついていない場合や、保証会社が保証人となっていればそれほど問題ではありませんが、親族、友人、職場関係の方が保証人になっている場合には事情を説明し理解を得てもらう必要があります。
 
以上が自己破産におけるデメリットと思われることですが、ほとんどの場合、デメリットにもなりえないことが、ご理解いただけたものと思われます。
 
デメリットに焦点をあてて説明いたしましたが、上記したものが必ずあてはまるわけではございません。自己破産は相談者の債務状況はもちろん、その他の貯蓄状況・財産保有状況などによって大きく異なってきます。
 
もし何かご不明なことがあったり、ご自身で「もう無理だ」とあきらめたりなさらず、一度弁護士にご相談ください。きっと何か解決策がみつかると思います。多重債務者の中には自殺や犯罪を決行する人もいますが、これは愚の骨頂です。借金問題で解決できないことはありませんから、一人で悩まずお気軽に私ども弁護士にご相談下さい。
 

自己破産のメリットについてはこちら


自己破産についてのコンテンツはこちら

自己破産をお考えの方へ

自己破産のメリット

自己破産のデメリット

自己破産手続きの流れ

自己破産に必要な書類について

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼する前に

自己破産手続きを頼む弁護士の選び方


0120-331-348│無料相談実施中

弁護士法人鷹匠法律事務所の6つの強み

①お金のことは心配ありません

当事務所では自己破産はもちろん、債務整理に関するご相談も無料にて承っております。また、弁護士費用も安心してご相談いただけるよう皆様方の実情にあうよう常に努力しています。弁護士費用のお支払いに関しましては、分割の支払いも可能ですのでお気軽にご相談下さい。
 

②できる限り迅速な対応をします

皆様方の状況やスケジュールになるべく合わせるように、できる限り迅速な対応を心がけております。原則的に当日予約での面談が可能となっていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
 

③相談料金は無料

自己破産、法人破産に関するご相談の料金は無料となっています。お金のことを気にせず、ご相談いただき納得いく解決を一緒に目指していきましょう。
 

④設立43年の歴史を踏まえて

当事務所は前身の大橋昭夫法律事務所の時代を含めますと、既に43年の歴史を有します。
この古い歴史を有する事務所は今までに法人、個人に係る多くの破産事件を扱った実績があります。私どもは、当事務所の歴史を踏まえて、皆様方のお役に立つべくさらに努力したいと思います。

⑤複数弁護士が所属

当事務所は、現在、弁護士4名ですが、これからは、弁護士法人の利点を生かし、他地域に支所を開設することを企図しています。会社倒産事件のような大きな規模の事件には、複数の弁護士が担当し、協力して早期に申立てをし、多くの債権者の皆様に対処していくことにしています。これからも、それぞれの当事務所所属の弁護士の特徴をいかし、中小零細事業者の皆様の事業立て直しのために努力したいと思います。
 

⑥過去の破産申立て取扱い実績

私どもの法律事務所は、全国クレジット・サラ金問題対策協議会の発足以来、これに加盟する全国の弁護士や労働組合の方々と共に、クレジット・サラ金被害根絶のために尽力してきました。過去をふりかえりますと、自己破産の申立て、免責の申立ても大阪の弁護士を中心とする全国クレサラ対協の仲間の活躍の成果でありました。
 
当初、裁判所は旧破産法に基づく免責の申立てを嫌がり、免責決定を出すことも躊躇していましたが、全国のクレサラ対協の仲間の運動の甲斐あって、理論的にも論破し、今では普通のことになりました。私どもの法律事務所は、全国クレサラ対協発足時点(1982年)からの原始会員ですので、静岡地方裁判所で免責決定を得るべく努力した歴史があります。このような経験を踏まえ、当法律事務所では過去に数多くの破産事件を取扱っています。全国クレサラ対協の願いを胸に、私ども法律事務所は多重債務者の皆様に暖かく接してきました。今後も多重債務者の皆様が生き生きとした人間らしい生活を送ることができますよう、又、中小零細事業者が生き生きとした経営ができますよう、最善を尽くしたいと思います。
 

弁護士法人鷹匠法律事務所について

ImgTop5.jpg ImgTop6.jpg ImgTop7.jpg

0120-331-348│無料相談実施中

0120-331-348
事務所について アクセスマップ
copyright  弁護士法人鷹匠法律事務所|静岡県弁護士会所属 Takajo law office All Right Reserved.静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号NEUEZEIT4階/TEL:054-251-1348